車酔いしませんか?

 秋の行楽シーズンがやってきました。
お出かけにワンちゃんを連れていく方も多いのではないでしょうか?
飼い主さんとのお出かけはワンちゃんも大好き!
ぜひいろんな場所へ連れて行きたいところですが・・・

「うちのこ、車酔いをしてしまうんです」

こんなご相談をよく受けます。
車に乗りしばらくすると、よだれがタラタラ、
不安でオロオロ、しまいに朝ごはんを嘔吐・・・
楽しいはずのドライブも、それどころではなくなってしまいますよね。

ワンちゃんの車酔いも基本的にはヒトと一緒で三半規管の刺激によります。
さらに、精神的な要素も加わることが多いです。

三半規管対策としては、①やさしい運転を心掛ける、②休みの時間を多く設ける
③動かないよう固定したケージに入れる、などでしょうか?
また、食事も1時間以上前に済ませたり、少量にとどめたりしておきましょう。

精神的な要素とは、車自体に慣れておらずエンジン音や振動に不安になったり、
車に乗るイコール病院に行く、であったりして車に恐怖心がある、などです。
後者の理由は、私たち病院スタッフにとっては寂しいことですが結構当てはまります。
この精神的なものは、慣れによって克服していきましょう。
エンジンのかかってない車に数分乗せることから始まり、
家の周りを一周、近所の公園、などどんどん距離を伸ばしていきましょう。
着いた先では、ボール遊びなど楽しい事をして、車に乗るイコール楽しい!怖くない!
ということを辛抱づよく教えていきましょう。

ただ、なかなか改善せず嘔吐がひどかったり、長距離のドライブで心配な場合には
動物用の酔い止めの薬もありますので、ぜひご相談くださいね。
以前の酔い止めは眠くなる作用があり、着いた先でもフラフラなんてこともありましたが
最近眠気のでない酔い止めの薬が発売されましたので、その心配もありません。

ぜひ、ワンちゃんとのドライブで楽しい時間をお過ごしください。