フィラリアのお薬は最後まで!!

「フィラリアの薬はいつまで飲ませればいいですか」

この時期、飼い主さまからよくこのご質問を頂きます。
春の投与開始の時期は、きっちり飲ませていても
秋になり蚊も見かけなくなるとつい投薬を忘れがちになります。
でも、フィラリアの薬は最後の投薬がとても重要
なんです。

そこで、フィラリアの薬について少しお話しようと思います。

フィラリアのお薬は、予防薬(感染しないようにする薬)と思われがちですが
実際は駆虫薬(感染して体内に入った虫を殺す薬)です。
体内にフィラリアの仔虫が侵入しないようにする薬でもありませんし、
蚊に刺されないようにする薬でもありません。

蚊の吸血時に体内に侵入した仔虫は、皮膚の下で少しずつ成長をしていき、
約3カ月かけて成虫になり血管や心臓に寄生し、フィラリア症発症となります。
毎月飲ませるフィラリアのお薬は、皮膚の下で成長過程にある仔虫によく効く駆虫薬で、
感染した仔虫が成虫になるのを妨ぎフィラリア症になることを予防するお薬です。
つまり、11月に飲ませるフィラリアの薬は10月に蚊に刺されて感染した(かもしれない)
フィラリアの仔虫をやっつけるために飲ませるのです。
1カ月前はまだ蚊が飛んでいたかも・・と考えると秋の投薬の重要性がわかっていただけたでしょうか。

また、蚊の体内でフィラリアが感染可能となるのは、ある程度の気温が必要となるので、
過去の平均気温から算出した犬フィラリア感染期間(HDU)という数値を参考に
投薬の期間を決めていきます。

ちなみに、今年2012年の宮崎県のHDUは、推定感染開始日は4月20日
推定感染終了日は11月23日となっています。

12月までのフィラリア予防薬の投与をおすすめします。