ネコが顔を洗うと雨が降る

 今年は雨が多いですよね。
ちなみに、本日も台風の影響で残念ながら雨です。
雨をながめていたら、ふとこんな言い伝えを思い出しました。

「ネコが顔を洗うと雨が降る」

みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか?
天気予報の技術が発達した現代ではあまり気になりませんが、
昔は身の回りにいる動物の行動で天気を予測していたんですね。
「ツバメが低く飛ぶと雨が近い」なんてのもありました。

ところで、「ネコが顔を洗うと雨が降る」の真相はどうなのでしょう。
諸説あるようですが、
①湿気が多くなりヒゲや毛が不快になり顔を洗う「湿気説
②気圧や環境の変化を敏感に感じ取り、その不安やストレス行動で顔を洗う「不安説
この二つがもっともらしい根拠です。
しかし、ネコちゃんを飼っている方に言わせれば、
「うちの子は、暇さえあれば顔を洗ってるわよ!」
そう、ネコちゃんはきれい好きなので身づくろいが大好きです。
なので、もう一説。「暇だから説

昔は、どのネコちゃんも毎日外へお散歩にでかけていました。
でも、外は、雨。
お散歩に行けず暇だから軒下で顔でも洗っていようかな、とネコ。
雨だと顔を洗っているネコをやけに見かけるな、とヒト。
こうしてできた、「ネコが顔を洗うと雨が降る」の言い伝え…

さて、本当の真相はネコちゃんに聞かないとと分かりませんね。