ワンちゃんも夏バテ・・・

梅雨も終わりに近づき、いよいよ夏の暑さも本番となってきました。

急激な気温の変化で「食欲がないなぁ」「体がだるいなぁ」なんてこと感じますよね。
こういった季節の変わり目に体調を崩すのは人も動物も同じです。
この時期、動物病院には夏バテ症状をしめすワンちゃんが多く来院します。

毛皮をきたワンちゃんにとって、とても苦手な季節が夏。
ヒトのように汗をかいて体温を下げられないワンちゃんは、
短時間でも熱中症の危険があり命を落とすワンちゃんも少なくないのが現状です。
熱中症までいかなくても、「食欲があまりない」「元気がない」「嘔吐した」など
夏バテになってしまうワンちゃんは多いものです。

夏バテかな・・・と思ったら、
温度だけでなく湿度もチェックしてみてください。
風通しを改善したり、留守番でのエアコンの使用を検討してみてください。
また、脱水にならないよう水分を十分与えてください。
食欲があまりないようであれば、一部をウェットフードにしてみたりドライフードに肉の  ゆで汁をかけたりして食事からも水分を取れるようにしてもいいかもしれません。

多くは、暑さに体が慣れてきたり、休養をとることで症状は落ち着きますが
一部には内臓の病気が隠れていて重症になることも。
夏バテ症状が続くようなら一度病院での診察をおすすめします。

ところで、ネコちゃんは、というと祖先が砂漠出身ということもあってか
ワンちゃんに比べ夏バテにはなりにくいようです。
しかし、ネコちゃんでも閉め切った室内での長時間のお留守番では、
体調を崩すこともありますのでご注意くださいね。