歯磨きにトライしましょう!

前回、わんちゃんは歯石になるスピードが早いことをお話ししました。
歯石になったものは歯磨きでは取れませんが
歯垢を取ったり歯肉のマッサージになりますので、
日頃のスキンシップの一つに
ぜひ歯磨きを取り入れてみませんか?

歯磨きに慣れるまで少しずつ段階をふんでいきましょう。

①口の周りをさわる
  口の周りを触られるのを嫌がるわんちゃんも意外と多いです。
  唇をぺろっとめくっても嫌がりませんか?遊びの中で練習しましょう。

②口の中に手を入れる
  口の周りを触らせるようになったら、指を口の中に滑り込ませてみてください。
  最初は短時間でOKです。わんちゃんの好きな味をすこしだけ指につけるなど
  「いいこと」とセットにすると慣れやすいです。

③歯をこすってみる
  口の中を触らせることに抵抗がなくなったら、指にガーゼなどを巻いて歯を
  ぬぐってみましょう。ガーゼに味付きの犬用歯磨き粉や肉汁をつけてもよいです。
  薄手の軍手でも代用できますし、ゴムでできた歯磨き用の指サックもあります。
  口は閉じたままで、外側をぬぐうだけでかまいません。
  我慢できたら、おやつをあげたり撫でたりと必ずほめてあげてくださいね。

④歯ブラシに慣れる
  歯ブラシで遊ばせるなどして歯ブラシ自体に慣れさせましょう。
  口にくわえるだけでもよく褒めてあげます。誤飲には注意してください。
  歯ブラシは人の子供用の歯ブラシで十分です。

⑤歯ブラシで磨く
  歯ブラシに抵抗がなくなったら、少しずつ歯を磨いてあげましょう。
  まずは、前歯の外側から始めてください。
  慣れてきたら徐々に犬歯・奥歯を磨けるようにしましょう。

最初から意気込んで頑張りすぎず、あせらず少しずつ歯磨きを習慣化させましょう。
そのためには、飼い主さんとのふれあいの中で楽しく覚えさせるのが大切です。
わんちゃんの歯磨きは毎日行うのが理想的ですが、なかなか難しいですよね。
犬の歯垢は3~5日で歯石に変わるので、3日に1回でもできるとよいです。